長野県千曲市の脳神経外科・外科・内科の診療所、とぐらクリニックのホームページ
院長あいさつ当院の特長交通のご案内
ホームへ
診療のご案内
こんな時は?
生活習慣病と脳卒中
脳ドック
頭痛の治療をあきらめている方へ
認知症を心配しているあなたへ
糖尿病外来について
設備

〒389-0804
長野県千曲市戸倉1672-2
TEL:026-275-0405
FAX:026-275-0507
E-Mailはこちらから

頭痛の治療をあきらめている方へ

 月に2〜3回、寝込むほどの頭痛がある、締め付けられるような重い感じが数日間続く、天気の変わりめが具合悪い、市販の頭痛薬で対処している、という方はいらっしゃいませんか?

 頭痛は正しく診断して、正しく治療を受ければ上手におつきあいできる病気です。”頭痛・生理痛に・・・“というTVコマーシャルの薬にたよっている方は、一度ご相談ください。もっといい方法があるかもしれませんよ。特に1ヶ月のうち15日以上頭痛薬を使用している方は、頭痛薬のせいで頭痛が起こっている可能性があります。頭痛薬をやめないと、よくならないばかりか、もっと悪くなるのですが、いい方法があります。

 頭痛には大きく分類すると、頭痛そのものが病気の一次性頭痛と、ある病気のために起こる二次性頭痛があります。一次性頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあり、二次性頭痛にはくも膜下出血や脳腫瘍などの脳疾患、副鼻腔炎(蓄膿症)や緑内障(眼玉の圧力が高くなり、失明の危険がある病気)、顎関節症、虫歯などお顔に起こる病気があります。

 頭痛診療は、頭が痛い時でなければ診察できないわけではありません。症状が無い時に受診していただいて、十分にお話を聞けば診断がつけられます。むしろ具合が悪くない時の方がいろいろなお話が聞きだせると思います。頭痛の経過、どこがどんな風に痛くなるのか、頭痛が起こるとどうなってしまうのか、などを十分に聞きだします。それに基づいて正確な診断をして、適切な対処法を御説明するとともに、的確な薬を処方して、使い方についてもわかるまでお話します。

 頭が痛くて今困っている方も当然OKです。片頭痛や群発頭痛に効果がある薬も用意してありますのですぐに治療できます。

 十分な診察とMRIを行い、二次性頭痛を確実に判断し、命の危険もあるくも膜下出血や脳腫瘍、失明の危険がある緑内障、耳鼻科的な処置を要するような副鼻腔炎などと診断した場合には、確実な治療が受けられる医療機関に責任を持って御紹介致します。

院長は日本頭痛学会専門医です。
▲このページのトップへ


Copyright (C) 2006 とぐらクリニック. All Rights Reserved.